忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2020
07
<<  >>
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
伺かのゴースト達は今現在こちらに置いてあります http://uhk.blog.shinobi.jp/Date/20200308/1/
[1118]  [1117]  [1116]  [1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108
New Entry
2020/07/01 ---- デバフ中
2020/06/30 ---- 
2020/06/29 ---- 病?
2020/06/28 ---- 予定
2020/06/27 ---- tax




ドラマに一人だけ素人を入れたらどうだろうかな




自分は基本的にドラマを見ないタイプです。

なんだろう、"演じてる"って感覚がいまいち分からないんですよ。
素で善人な人が悪役を演じたりとかそういうのは分かるんですが
いまいち「すごい」って実感が湧いてこない。



それで何故かって自問自答してみたら
「全部が自然過ぎるから」だとなんとなく思い至ったんですよ。

例えを出して言うのなら
「ミネラルウォーターしか飲んだこと無いから水道水があるのを知らない」というか
「美術館の"すごい絵"しか見てないから"下手な絵"を知らない」みたいな。
うん、余計に伝わらないでしょうね。


そこで、ちょっと「役作りってすげー」って思わせる方法を考えてみたんですよ。


で、方法としては
『役者を揃えたドラマの中に一人の素人を混ぜる』



もちろん、宣伝の時には「素人を混ぜてます」としっかり告知。

それで実際に中身を見たら素人なので棒読み大根。
そこで、本業の役者との自然なセリフや演技が出てくるんです。




「素人と比べて役者ってすげー」って思わせるんですよ。
同じ人間なのに練習するとここまで変わるんだなー、みたいな。
言い方は悪いけども"引き立て役"ってやつです。



この役は同レベルの人であれば確かに反発は出るんでしょうが、
でもお互いにレベルが違う、って承知の上ならうまく使えると思うんですよ。

¥e
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(07/01)
(06/30)
(06/29)
(06/28)
tax
(06/27)
最新コメント
最新トラックバック
(08/31)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
U・ハイカル
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/01/02
自己紹介:
XBOX360ゲーマータグ「highcaru」
Twitter: http://twitter.com/#!/Highkaru
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © イロイロな雑記 2 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]