忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2020
07
<<  >>
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
伺かのゴースト達は今現在こちらに置いてあります http://uhk.blog.shinobi.jp/Date/20200308/1/
[3667]  [3666]  [3665]  [3664]  [3663]  [3662]  [3661]  [3660]  [3659]  [3658]  [3657
New Entry
2020/07/05 ---- 
2020/07/04 ---- 脳内
2020/07/03 ---- 現況
2020/07/02 ---- 再開
2020/07/01 ---- デバフ中





気軽に世界レベルが見られるというのはまた功罪ありますよね



ちょっと前に色変え厨というのが話題になっておりました。
既存の絵の色を変えてオリキャラとして出す、という
色変えたのを基に自前で描けばいいんじゃないのかという
まあそんな話が一つあった訳です。

その中で分析された意見の一つとして
「周りに良い絵が溢れすぎてて歪んだのではないか」
というのがありました。

まあ無論に他人の絵加工して自分の物として出すのは有罪ですが
そこはまず前提にしても、さりとてこれを一概にも他人事として
切り捨てられないのではないだろうか。


この件は絵でしたが、
絵に限らずゲームでもやはり同等の感覚は起こりうるんではなかろうかとも。

現代においてはもはや絵も動画もネットを見れば溢れるほどに出てきます。
Twitterもまた同等。
気軽にインターネットで世界大会が見られる現代。

そこで自分がやってたゲームと全く違うゲームの様相を見て
「これ自分がやり続けてもどうしようもないな」となるケースは
意外と少なくないではないでしょうか。

これも昔はやはりゲームセンターから始まって
もう少し進化してゲーム機をネットに繋いでの対戦。
そして会場に足を運んでの大会。

しかし更に現代、今や世界大会は初心者の内に目の前の動画の中。
ここで折れるというのは珍しくないのではなかろうか。


ロケットリーグの世界大会とかたまに流れてきますが
ああはなれないんだろうなと思ったりはします。


まあ置き換えてみたもののここで
「他人の動画を編集して自分のプレイのようにする」事をするから
阿呆なんですが。


¥e

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(07/05)
(07/04)
(07/03)
(07/02)
(07/01)
最新トラックバック
(08/31)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
U・ハイカル
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/01/02
自己紹介:
XBOX360ゲーマータグ「highcaru」
Twitter: http://twitter.com/#!/Highkaru
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © イロイロな雑記 2 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]