忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2020
07
<<  >>
6
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
伺かのゴースト達は今現在こちらに置いてあります http://uhk.blog.shinobi.jp/Date/20200308/1/
[276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266
New Entry
2020/07/10 ---- 
2020/07/09 ---- 無題
2020/07/08 ---- SPY
2020/07/07 ---- 難航
2020/07/05 ---- 



RPGの中で最も多く主人公達と再戦を繰り返したボスって誰なんでしょうか。





とりあえず対象としては

・RPGであること
・ボス、もしくは中ボスであること
・戦闘場面に入り、なおかつ主人公を操作出来ること
・(なるべくなら)再戦は本編内であること(裏ダンジョンとか)
・「再戦する主人公は同じ」が望ましいがいわゆる"敵討ち"でも対象とする
・「ボスの姿形は同じ」が望ましいがパワーアップ(第二形態)でも対象とする
・ただし、同一の戦闘内で変形する場合は一回とする
 (竜王(人間形態)→ドラゴン など)


有名どころであり本命とすればまずFF5のギルガメッシュですよね。
確か4回だったはず。(第2世界最初・ビッグブリッジ・ゼザの船・エクスデス城)
一応、次元のはざまにおいて戦闘場面には入りますが
あれは確か記憶によると話をかわすだけで終わった気がします。
あとネクロフォビア戦は当然のごとく除外です。

同じFFで8のサイファーも確か4回なはずです。
(魔女パレード・ガーデン戦争(単体)・2回目の後に魔女のお供・ルナティックパンドラ)
でもこれは2回目と3回目が連戦だから微妙ですね。



FFばっか出してきたのでDQについても考えてみたんですが、
考えてみるとDQ8のラプソーンも「杖」を通して何度も戦い合ってるんですよね。
(ドルマゲス・犬・ゼシカ・未熟体・機械・完全体)
こういう"憑依"系はどうしたものか、審議の余地がありますね。
「形態の一つである」と考えれば回数として言えなくもないですが、
個人的には本人そのものが出てきてほしいので除外したいところです。

こう考えるとシリーズ物でラスボスが共通してるやつは強いかも知れませんね。
RPGじゃないですがロックマンシリーズのシグマとか。(ワイリーは直接じゃない)
まあ、これもまた審議の対象ですが。出来れば同じソフト内で再戦してほしい。



で、DQの話ですが3のカンダタが一応2回戦いますね。(金のかんむり・人さらい)
あと4のバルザックも2回ですね。(4章最後・5章リベンジ)
一応5のゲマや6のムドーが2回戦いますが諸事情ありますので除外です。
(ゲマはパパスが操作出来ない・ムドーは姿が同じでも別人)




やはり3回という壁は厚いですね。
戦う(1回目)→負ける/勝つ→リベンジで戦う(2回目) で終わるケースが多いのでしょう。
またFFですがベアトリクスが3回なはずです。確証が無いのですが。

ギルガメッシュとベアトリクスのケースで見受けるに
「誰かの命令で戦わせられるボス」は戦闘回数が多くなりそうです。
劣勢になったらさっさと撤退するから命が保つのでしょう。





さて、ではギルガメッシュの4回を超えるボスはいるのでしょうか。
RPGの知識はあんまりないので情報求みます。

¥e
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
6 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(07/10)
(07/09)
SPY
(07/08)
(07/07)
(07/05)
最新トラックバック
(08/31)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
U・ハイカル
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/01/02
自己紹介:
XBOX360ゲーマータグ「highcaru」
Twitter: http://twitter.com/#!/Highkaru
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © イロイロな雑記 2 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]