忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2020
07
<<  >>
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
伺かのゴースト達は今現在こちらに置いてあります http://uhk.blog.shinobi.jp/Date/20200308/1/
[2904]  [2903]  [2902]  [2901]  [2900]  [2899]  [2898]  [2897]  [2896]  [2895]  [2894
New Entry
2020/07/02 ---- 再開
2020/07/01 ---- デバフ中
2020/06/30 ---- 
2020/06/29 ---- 病?
2020/06/28 ---- 予定





「煮詰まる」は"行き詰まる"ではなく"大詰めになる"という意味





というのはどれくらい周知されてるんでしょうね、これ。
たまに取り上げられてはいるけどなかなか使い方改めるの難しい、
そんな字面の一角ですね。

ところでこれ、鍋の字面ですよね。
鍋に入れたジャムを前にして、みたいな。
汁気が飛んでいってドロッとしてくる様子を「煮詰まる」って言いますよね。


その状況だとして、さて間違われた使い方である「行き詰まる」の方を
どうにか言葉として用意出来ないだろうかと考えてみる。


まず思いついたのが「焦げ付く」でしょうか。

「議論は焦げ付きました」と。
時間かかりすぎて食うのに困る辺りに通じる。
債権とかにもそう言いますね。
でも「焦げる」だと"食べられなくなった"という方にも取られますね。
これ捨てなきゃダメだ、っていうのにも。
ちょっと強いですね、言葉としては。

感覚的には「どう煮ればいいのか分からない」から
もう少し合ってる表現があっていいはずだ。


だとしたらもう少し時間を戻して「鍋を前にしてる」とか。

「鍋を前にはしてるんですが」って言い方だとどうだろう。
火をどう入れていいのか分からない状態。
でも聞いた側からしたら「はよ煮ろや」になりかねない。



「火にはかかってる」っていう状況だろうか。

「いや火にはかかってるんですけどね」って言ったら
割と通じなくはないだろうか。
ここからが正念場です、っていうニュアンスもありますし。
"後は時間だけが必要になります"という微妙なところも表現出来る。




という訳で今後としては「火にはかかってる」という言い方を
どんどん広めていっていいと思われます。


¥e

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(07/02)
(07/01)
(06/30)
(06/29)
(06/28)
最新コメント
最新トラックバック
(08/31)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
U・ハイカル
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/01/02
自己紹介:
XBOX360ゲーマータグ「highcaru」
Twitter: http://twitter.com/#!/Highkaru
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © イロイロな雑記 2 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]