忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2020
07
<<  >>
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
伺かのゴースト達は今現在こちらに置いてあります http://uhk.blog.shinobi.jp/Date/20200308/1/
[2099]  [2098]  [2097]  [2096]  [2095]  [2094]  [2093]  [2092]  [2091]  [2090]  [2089
New Entry
2020/07/01 ---- デバフ中
2020/06/30 ---- 
2020/06/29 ---- 病?
2020/06/28 ---- 予定
2020/06/27 ---- tax






SCPの話しようぜ!




というわけで久々に適当に挙げ連ねてみようのコーナー





SCP-819 - Vital Suckers (いのちアメ)
http://scpjapan.wiki.fc2.com/wiki/SCP-819

危険度:Safe(食べなきゃ安全)


色んな香りの飴があり、それを食べると体液がどんどん減少していきます。
赤のチェリーなら血液が、黄色のレモンなら尿が。
この体液はどこへ行ったかは不明でしたが
付近の人間にランダムに放り込んでるらしいです。(未訳)
ちなみに青色の眼球の中の水だけは治らないので視力が無くなります。



SCP-1968 - Global Retrocausality Torus (世界を包む逆因果の円環)
http://scpjapan.wiki.fc2.com/wiki/SCP-1968


危険度:Thaumiel

こいつに触れると記憶が改変されます。


というのはカバーストーリーで実のところを言うなら、
「世界を改変するかも知れないけれど起動させた人間だけが元を覚えている」
という代物です。
見つかってないSCPの話もするようです。
いざって時には世界滅亡も防げるかも知れないけどあんまやるべきでないようです。


ちなみにThaumielというのは新設されたクラスで
「Keterを無力化出来るかも知れない」けれど「もっとひどくなるかも知れない」
という「Super Keter」らしいです。だいたい世界をぶっ壊せる代物です。




SCP-2599 - Not Good Enough (不十分)
http://scpjapan.wiki.fc2.com/wiki/SCP-2599

危険度:Euclid

どんなに命令にでも従う子。ただし9割ぐらいしか果たせない。
紙を変色させたりも出来る。
独特な現実改変者であると推測される。




SCP-2317 - A Door to Another World (異世界への扉)
http://scpjapan.wiki.fc2.com/wiki/SCP-2317

危険度:Keter


情報レベル0:異世界へのドアです
情報レベル1:Keterなのが分かります
情報レベル2:7本の柱があり、そこで儀式を行わないと世界が滅亡します
(以下略)




2317は個人的な一押し。
セキュリティレベルが上がっていくにつれてじわじわと明らかになっていく真実。
最後の最後に最高責任者が見られる情報とは?
ここから先は自分の目で確かめてみよう!





そのうち日本支部もピックアップしてみようかと思います。


---
Web拍手


6/18 17時 18時

ありがとうございました


¥e
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(07/01)
(06/30)
(06/29)
(06/28)
tax
(06/27)
最新コメント
最新トラックバック
(08/31)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
U・ハイカル
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/01/02
自己紹介:
XBOX360ゲーマータグ「highcaru」
Twitter: http://twitter.com/#!/Highkaru
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © イロイロな雑記 2 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]