忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2020
07
<<  >>
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
伺かのゴースト達は今現在こちらに置いてあります http://uhk.blog.shinobi.jp/Date/20200308/1/
[1386]  [1385]  [1384]  [1383]  [1382]  [1381]  [1380]  [1379]  [1378]  [1377]  [1376
New Entry
2020/07/05 ---- 
2020/07/04 ---- 脳内
2020/07/03 ---- 現況
2020/07/02 ---- 再開
2020/07/01 ---- デバフ中



女騎士として生きる皆さんは時に姫を探しに敵地に乗り込んでくるも
囚われの身になることもあると思います。







さて、ここでは先人達の犠牲をもとに成り立った正しい対処法を考えてみましょう。




第一にやるべきこと、それは「姫はいなかったものとする」ことです。


不思議と思うかも知れませんが現実で人質を取られてる状況でも
このような考えをします。一つでも交渉に乗ると図に乗るから、だそうです。




なのでよくある構図として「私は好きにしていいから姫様には手を出すな」という交渉は
ぶっちゃけ無駄です。手ぇ出されます。
知ってる限り9割出されます。残りの1割は堕ちた貴女自身が手を出します。


なので「私は好きに~」は絶対にやめましょう。しょせんは口約束です。





そこからもう少し考えてみましょう。
姫を捕まえた相手は誰でしょうか。

「敵対している国」でしょうか、それとも「賊」でしょうか。

「敵対している国」の場合。
この場合ですと、姫は明らかに国同士の交渉材料です。
相手としても姫を殺す訳にはいきません。
目の前でナイフとか突きつけられてもとりあえずは平気です。
国家間の出来事であるため、個人で解決するのは難しいところですが
どうにかして脱出だけでもしましょう。
姫の命は保障されてても騎士のほうは保障されないのが常です。


「賊」の場合。
基本的に後ろ盾は無いはずです。
隙を見つけ次第、暴れましょう。姫の命の保障が無いのが難しいところですが。
ここで純粋に負けるようでしたら貴女は騎士として力不足です。







ゲームの中の女騎士達はいつになったら学ぶのだろう、と常々考える。



¥e
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(07/05)
(07/04)
(07/03)
(07/02)
(07/01)
最新トラックバック
(08/31)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
U・ハイカル
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/01/02
自己紹介:
XBOX360ゲーマータグ「highcaru」
Twitter: http://twitter.com/#!/Highkaru
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © イロイロな雑記 2 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]