忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2020
07
<<  >>
6
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
伺かのゴースト達は今現在こちらに置いてあります http://uhk.blog.shinobi.jp/Date/20200308/1/
[792]  [791]  [790]  [789]  [788]  [787]  [786]  [785]  [784]  [783]  [782
New Entry
2020/07/13 ---- 
2020/07/11 ---- miss
2020/07/10 ---- 
2020/07/09 ---- 無題
2020/07/08 ---- SPY

一昨日書いた『UFC 2009 UNDISPUTED』

若干の追加情報

 

トランクスにスポンサーのロゴを貼ると
少しCRED(人気度的なもの)におまけがつくんですが
その辺を含めたカスタムがちょっとめんどくさい。

戻るのにBボタンを連打するしかない。

Aボタンで進めていくじゃないですか。
で、貼り終わった後に「最初に戻る」みたいなボタンが無い。
だから戻るのにBボタン連打が必要です。

-

あとロード時間に関しては「ちょっと長い」です。
試合の前には選手紹介みたいなのを挟んではくれますが。
ムービーは飛ばせるからいいのかな。
「スタートボタンで全部飛ばす」「Aボタンで一つずつ飛ばす」という無駄な使い分け。
そしてラウンドガールの乳揺れ。

--


微妙な攻略情報


ストライカー(立ち技専門)が上げるべき能力

基本は「倒されない」ということ。
倒されると立ち上がるのに苦労するし負けます。


・スタンドパンチ・オフェンス
・スタンドパンチ・ディフェンス 
・スタンドキック・オフェンス
・スタンドキック・ディフェンス

この辺は名前から必須だと察せると思うので割愛。
生命線である殴る蹴るの能力


・テイクダウン・ディフェンス
 (数値が高いほど、テイクダウンの防御が上手くなる。)

上のほうに書いた「倒されない」ために必要な能力。
タックルに来られた時にちゃんと防げるかどうかで明暗は大きく分かれます。
オフェンスは(ストライカーにとっては)いらない子。


・グラウンドグラップル・オフェンス
・グラウンドグラップル・ディフェンス
(数値が高いほど、グラウンド時のポジション取り[の防御]が上手くなる。)

割と必要なのがこの二つだと思う。
テイクダウン・ディフェンス上げてもどう頑張ったって倒される時は倒されるので
そこからいかに立ち上がるかがカギとなります。
そのためにはこの二つを上げておくべきでしょう。どっちかって言ったらオフェンスのほう。
これを上げずに挑んでマウントポジションで敗北した試合は数知れず。


・サブミッション・ディフェンス
 (数値が高いほど、サブミッションの防御が上手くなる)

保険用。
本来ならサブミッションに入る前に抜けたいものですがかかってしまった場合に。

--

あ、サブミッションとテイクダウンの攻防はボタン連打です。守る側は。

で、肝心のグラウンドの攻防なんですがね、やっぱ面倒です。
「大きく動けるけど邪魔されやすい」の操作が
「右スティックを3/8回転させる」(ゲーム中ではちゃんと図で出ます)というもの。
しかもちゃんとニュートラルの状態から始めないと認識されにくいっぽい。
下手なだけかも知れませんが
せめてもうちょっと何とかならなかったかな。

 

そんな感じのちょっとした追加情報でした。

 

¥e

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
6
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(07/13)
(07/11)
(07/10)
(07/09)
SPY
(07/08)
最新トラックバック
(08/31)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
U・ハイカル
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/01/02
自己紹介:
XBOX360ゲーマータグ「highcaru」
Twitter: http://twitter.com/#!/Highkaru
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © イロイロな雑記 2 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]