忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2020
07
<<  >>
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
伺かのゴースト達は今現在こちらに置いてあります http://uhk.blog.shinobi.jp/Date/20200308/1/
[2850]  [2849]  [2848]  [2847]  [2846]  [2845]  [2844]  [2843]  [2842]  [2841]  [2840
New Entry
2020/07/02 ---- 再開
2020/07/01 ---- デバフ中
2020/06/30 ---- 
2020/06/29 ---- 病?
2020/06/28 ---- 予定



グロ鬱ゲー3作目



使われているのは16色の画面。
それを差し引いても画力はひどい。ボールペン一発で小学生の落書き。
一作目のサブタイトルは「絶望」


主人公は女。
前作、前々作で殺人鬼な兄、弟に地獄を見せつけられるも辛くも撃退した。
しかし今作ではその兄弟の更に下の妹がやってきた。
主人公は二人の兄を撃退してるのでその妹からは目をつけられる。

挨拶代わりに夜に拉致される。
兄弟の仇とばかりに爪を剥がされたり電気ノコギリを使って肉を削がれたりする。
転校してから出来た新しい友達も目の前で解体される。
隙を突いて逃げ出すも途中で捕まり腕肉を持っていかれる。

前々作からそうだがこの殺人鬼には不思議な力があるらしく警察は全く動かない。
(周りの描写から見るにおそらく洗脳みたいな力)

日付変わって主人公はアイドル達(ジャ○系)のライブに来る。
だがしかし当然のごとくここでもその殺人鬼は乱入してくる。

アイドル達はチェーンソーによって顔を抉られたりで惨殺されていく。
来ていたファンも洗脳された警備員らの手により死亡ないし重傷を負っていく。

どうにか肉塊が積み重なっている楽屋へと逃げ込む。
前もって主人公が書いていたアンケートによって
この惨劇はもたらされてるらしいので主人公はファンから恨み言をもたらされる。
(「一番いなくなってほしいメンバーは?」と言った質問。
 主人公は"変なアンケートね・・・"と思いながらも回答してた)

どうにか逃げ出して螺旋階段を駆け下りるも
追手のインドの衛兵っぽい人に捕まり
再び舞台に戻されなんか用意されてた物騒な機械にはめこまれたところで






目が覚めました。

画力が無いゆえに怖い、というよりは
アマチュアでならこうエグいの作れるんだろうけど、って感じの怖さでした。
プロなら尖りすぎ的な。
逃げ出してる場面で「ああこれ捕まるまでの持ち上げだな」ってのが
何となく察せられました。


3時間ぐらい布団の中で眠れず
起床時間まで残り2時間ってところでようやく眠りに入ってのこの夢です。

---
Web拍手

9/16 19時
9/17 5時
9/20 23時
9/21 22時
9/22 17時

ありがとうございました

¥e

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(07/02)
(07/01)
(06/30)
(06/29)
(06/28)
最新コメント
最新トラックバック
(08/31)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
U・ハイカル
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/01/02
自己紹介:
XBOX360ゲーマータグ「highcaru」
Twitter: http://twitter.com/#!/Highkaru
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © イロイロな雑記 2 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]