忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2020
07
<<  >>
6
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
伺かのゴースト達は今現在こちらに置いてあります http://uhk.blog.shinobi.jp/Date/20200308/1/
[1063]  [1062]  [1061]  [1060]  [1059]  [1058]  [1057]  [1056]  [1055]  [1054]  [1053
New Entry
2020/07/09 ---- 無題
2020/07/08 ---- SPY
2020/07/07 ---- 難航
2020/07/05 ---- 
2020/07/04 ---- 脳内



まず強そうなことわざって聞いたらどんなのが思い浮かぶでしょうか。


まず第一に思い浮かぶとすれば

『鬼に金棒』
『虎に翼』

この辺りだと思います。



個人的に虎のほうがちょっと有利だと思います。
近接の攻撃力なら鬼ですが機動性なら虎ですし。

で、この両名がほどよく疲弊した頃に
『漁夫の利』『弱り目に祟り目』辺りが出てくるのでしょうね。


なんとか巨頭二人を撃破したとしましょう。


しかし、支柱を失ったことわざ界はその秩序を失ってしまうのです。
『漁夫の利』『弱り目に祟り目』が本来ならリーダーになるべきでしょうが、
彼らはしょせんハイエナです。
功績は評価されてもリーダーとしての素質はありません。


こうなれば当然数々の者が手を挙げます。

優れたリーダーを持つ新興グループ
『鶴の一声』
『山椒は小粒でもぴりりと辛い』
『強将の下に弱卒無し』

これらが統率をもって世を制圧せんと跋扈します。



しかし、それらをよそに頭角を表した者が出てきます。
『能ある鷹は爪を隠す』です。

虎と鬼が争っていた頃からの実力者なのですが
二人が倒れるまでずっと機を伺ってました。
年季・戦術眼に優れた彼は徐々に戦力を蓄えていきます。




こうして最大手となった鷹グループを中心とし、
小競り合いの蔓延る戦乱時代へと突入していきます。




<次回予告>

戦乱の渦に落ちることわざ界
肉薄する鷹の目の前にいなくなったはずの"あいつ"が帰ってくる!?

次回

『猫を殺せば七代祟る』

どうなってしまうのか?



続かない





どうしてこうなったのかは分かりません


¥e
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
6 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(07/09)
SPY
(07/08)
(07/07)
(07/05)
(07/04)
最新トラックバック
(08/31)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
U・ハイカル
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/01/02
自己紹介:
XBOX360ゲーマータグ「highcaru」
Twitter: http://twitter.com/#!/Highkaru
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © イロイロな雑記 2 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]