忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2020
07
<<  >>
6
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
伺かのゴースト達は今現在こちらに置いてあります http://uhk.blog.shinobi.jp/Date/20200308/1/
[1223]  [1222]  [1221]  [1220]  [1219]  [1218]  [1217]  [1216]  [1215]  [1214]  [1213
New Entry
2020/07/13 ---- 
2020/07/11 ---- miss
2020/07/10 ---- 
2020/07/09 ---- 無題
2020/07/08 ---- SPY



暇だったので本屋行ったら本日話題のポッキーゲームの謂れ、みたいなのがあったので
ちょっとだけ抜粋してみます。



---

棒氣迎無(ぼうきげいむ)


棒氣迎無とは古来中国において行われた一対一の決闘の方法である。

明時代の中国においては身内同士の喧嘩は禁止とされており、
家から怒鳴り声や叫び声が流れている事は取り締まりの対象とされていた。
そこでお互いの口を一本の棒で塞ぎつつ争ったのが元祖とされている。

この決闘は迂闊に言葉を発せられない賭博場などで行われていた。
"棒氣"と呼ばれる重さ半斤の一本の棒を互いの口に咥えて戦いを行うのである。
この棒氣を決着前に地面に落とせば双方切腹に処された。
手が届く距離どころか顔の位置も固定されているため
これを行っていた武芸者は首から下を自由に動かせるようになるのは当然の理である。
この棒氣迎無において切腹し命を落とした者の墓には
「愚利子[ぐりこ] (愚かな言葉を発した未熟者)」と刻まれ末代までの恥となったと言う。


なお、現代においてこの"棒氣"と似たような名前の菓子があり
そこの片側にチョコが塗られているのは
決着がついた時に片側が血で汚れていた光景への回帰なのであろうか。


民明書房 刊 『棒術とそのステッキな謂れ』 より抜粋

---




いやー、皆さん怖いですね。
こんなもんやってるなんてねえ。合コンとかマジ怖いっすね。


今日を逃すとまた来年になるので、ええ。


---
Web拍手

11/10 23時

ありがとうございました


>23:46  それなんてロマサガ3?

あー、やっぱりありましたか。
確か四魔貴族とかでしたっけ。複数のボスの組織、みたいなのは大好きです。
サガシリーズというのはサガフロ2だけはやった事あるんですが
エッグで詰まって「よく分からなかったなあ」で終わりました、はい。

登場人物あまり多くせずに(出ても1エピソードだけで区切る)
戦闘も単純なぐらいのが欲しいなあ、みたいな。



¥e
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
6
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(07/13)
(07/11)
(07/10)
(07/09)
SPY
(07/08)
最新トラックバック
(08/31)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
U・ハイカル
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/01/02
自己紹介:
XBOX360ゲーマータグ「highcaru」
Twitter: http://twitter.com/#!/Highkaru
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © イロイロな雑記 2 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]